FC2ブログ

ゾークなブログ
admin
東急ハンズのネット通販「ハンズネット」

 iTunes Store(Japan)
HOME




MoMA STORE





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --年--月--日  スポンサー広告 /
蝶の舌
蝶の舌 [DVD]蝶の舌 [DVD]
(2002/03/22)
フェルナンド・フェルナン・ゴメスマヌエル・ロサノ

商品詳細を見る
”少年はサナギが美しい蝶に姿を変えるように静かに成長してゆく
  そして柔らかな羽をまとった蝶は現実の世界へと羽ばたかなくてはならない”

スペイン内戦直前を背景にした少年と老教師の交流・・・と、簡単には言えないラストが待っていました。

8歳のモンチョは喘息のためみんなよりも遅れて学校に通い始めます。
緊張でドキドキの彼は初日にいきなりお漏らしをしてしまい・・・
そんなモンチョにグレゴリオ先生は優しくいろいろな事を教えてくれます♫

グレゴリオ先生の授業は詩の朗読だったり、ティロノリンコという鳥が求愛の祭、雌に蘭の花を贈る事、蝶の舌の秘密、そして森の中にも出かけていろんな話を聞かせてくれるのでした!
先生の話を聞いている時のモンチョの表情がたまりませんっっ!
もー、きらっきらした瞳でかぶりつきで聞いているという感じ☆
いろんな事を知り学んでいくモンチョ。

ファシズムに反対する共和派の人たちがラストで捕まり一人一人トラックに乗せられるシーンがあります。
その中に大好きなグレゴリオ先生の姿も・・
モンチョのお母さんは夫も共和派なのを隠すため、”アテオ!(不信心者)””ロホ!(赤)”と蔑む言葉を投げつけます。
そしてモンチョにも言うようにと・・
モンチョとグレゴリオ先生の視線が合うシーン。
小さなモンチョの心の中では大好きな先生に思ってもいない言葉なんか言えない!でもよくわからないけど言わないと家族に悪い何かが起こりそう!
葛藤の中で母親と同じ言葉を叫ぶモンチョ。
これは見ててつらかったですね。

走り始めるトラックの後ろを石を投げつけながら、アテオ!ロホ!と叫び追いかける子ども達。
その中をモンチョも走りながら”ティロノリンコ!!””蝶の舌!!”と、叫ぶのでした。
どうか、グレゴリオ先生に聞こえていますように!!と思わずにはいられないシーンでした。

さて、前回の”ボンボン”とこの”蝶の舌”、共通しているものがあります♫
それは・・スペイン語なのです。
実はわたし、趣味でスペイン語を。
この作品も先生に勧められたのがきっかけでした☆
物覚えの悪いわたしは単語の数は増えてきているものの、会話となるとまるでダメ。
でも映画の中で覚えた単語がでてくると、ちょっと嬉しい♡
英語よりもスペイン語の方が覚えやすいような気はします。
音も楽しいし。
覚えては忘れ~覚えては忘れ~の日々ですがポコ ア ポコ(少しずつ)がんばります。

(S)
 2009年11月06日  映画 / コメント(0)
  
<<久々に。 / HOME / Fragancia>>
コメント
コメントの投稿






| BLOG TOP |


atzork

アトリエゾーク

ヘアケア編

今日の一枚!

日本全国・目玉おやじ


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

2005年6月以前

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。