FC2ブログ

ゾークなブログ
admin
東急ハンズのネット通販「ハンズネット」

 iTunes Store(Japan)
HOME




MoMA STORE





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --年--月--日  スポンサー広告 /
「レスラー」
レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
(2010/01/15)
ミッキー・ロークマリサ・トメイ

商品詳細を見る
ミッキー・ロークってむかし人気ありましたよね。ジョン・ローンと双璧だったような。
今でいえば、ジョニー・デップとブラッド・ピットのような感じでしょうかね?

かの”猫パンチ”以来パタッと名前を聞かなくなりました。
整形やボクシングで顔をつぶしてしまった、などとは訊いていましたが。

ミッキー・ロークを落ちぶれた俳優と見ると、こんなことまでしなきゃいけないのか。とも見れますが、その先入観をはずしてみるとすごい役者魂だとも思えます。
例えばあの体。よく作りましたね。周りの本職のレスラーと比較しても全然見劣りしない。
本人は「ステロイドは使用してない」と言ってるので、そうならすごい。

二枚目ばかりだった当時もそれはそれで格好良かったですが、私は今回のミッキーロークの方が数倍魅力的に見えました。ある意味自分の半自伝のような映画で傷み辛さも身に染みるだろうに。
それを乗り越え、背負ってきたものも大きいのでしょう。なんか悲壮感がでてて人間くさいです。

映画としてもとても良かったです。
撮り方も過剰に肩入れする訳でもなく晒す訳でもなくドキュメント風な所も良かったです。

レスラーとストリッパー。
お互い肉体で稼いでるが、とうにピークを過ぎている似たもの同士。
ただひとつ違ってるのはレスラーは好きでその仕事をしてる。
ストリッパーはあくまでも生活の手段。
現実の生活は?自分の居場所は?

これが最後におおきな違いになってきます。

ラストも、どうなったんだろ?と想像力をかき立てられる終わり方でうまいです。

プロレス好きな私には晩年のテリーファンクやらブルーザーブロディーやら船木やら三沢やらとかぶってしまう場面もあったりしました。


エンドロールで流れるスプリングスティーン(?おそらく)の曲も良かったです。

(T)

 2009年11月08日  映画 / コメント(0)
  
<<Fragancia / HOME / INTO THE WILD>>
コメント
コメントの投稿






| BLOG TOP |


atzork

アトリエゾーク

ヘアケア編

今日の一枚!

日本全国・目玉おやじ


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

2005年6月以前

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。